スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
顧客管理システム 中小企業
顧客管理システムを、中小企業が導入する際に、顧客情報の管理とか、履歴管理とか、顧客の生の声とか、
とにかく悩むものです。

私たちも長い間、この管理というか、どうしたら、顧客の情報を管理したらよいのか、
解らないでおりました。

さて、管理という言葉は、一見、システムっぽいですが、本当に管理できるものでしょか。

最近、思ったのは、「顧客管理システム」ではなく、「顧客情報の活用」が重要であることに気がついたのです。

これは、顧客の「情報共有」、社内の報告・連絡・相談の基本となる、全社員での「情報共有」なのです。

ユニット経営は、顧客管理という、位置づけでなく、社員の間の情報共有として、これを利用しています。

事例は、こちらからご確認ください。


 顧客管理システム 中小企業の事例とは

また、ご質問などがあれば、ご遠慮なく、いつでもどうぞ。。。。みなさんのお役に立てますように。
スポンサーサイト
【2012/11/25 17:13】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
事業別採算管理 中小企業で実現するには?
さて、事業別、事業部別、営業支店、部門別などのような、個別に採算管理をしたい場合は、どうすればよいのか、これも、中小企業で、経営者がとても悩む問題のひとつです。

 何故、悩むかというと、実現する方法においてのリスク管理を考えるからです。まずは、どうやって実現するのか、そして、どのように進めるのが良いのか、また、あまりコストをかけたくないし。。。。。

 私は、この問題に10年以上の歳月と自分の会社での試行錯誤により、たどりついた答えは、「報告・連絡・相談」が、徹底してできている事が、前提条件でした。「見える経営」をしたければ、「経営のしくみ」の中で、なるべくシンプルに、効率よく、そして、誰でもが徹底してできるしくみが必要です。

 売上も経費も、時間の使い方も、事業別に採算管理したいのであれば、それらの部署が簡単に、いつもの作業の中でできることが必要です。

 ちなみに、わが社では、専門の経理担当がいません。一般の会社にいるような、財務会計システムの専任者がいないのです。会計伝費の仕訳をせっせとやっている専門の人がいないのです。というか、いなくても、できるしくみにしました。

 「事業別採算管理 中小企業 システム」の詳細はこちらから。。。。

  http://www.sil-web.co.jp/package/new_unit.html

 今後も、さまざまな悩みを解決していきたいと思います。さて、そろそろ現場に行かないと。。。。
【2012/11/18 17:37】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
日次決算できる経営管理システム
 企業経営においては、「日次決算」できるしくみが大切だとは、理解していても、そもそもそんなシステムなんか存在しないと、諦めていました。

 経営者であれば、毎日、自社の状況が見えるものがあれば、羅針盤のように、または、飛行機のコックピットのような、誰でも理解できる、ものすごく簡単なしくみがあれば、とても頼りになるものです。

 さて、このようなしくみを作成するには、普段の仕事の延長戦で、従業員のみなさんへの負担が少ない、そして、とても解り易いものでなければ、しくみとしては、意味のないものになります。

 私たちは、ものすごい時間と労力をかけて、そのしくみを作成して、もう既に、四期の決算処理を完成させるまでになりました。このノウハウをぜひとも、みなさんに公開したいものです。

 そのしくみの詳細は、こちらから。「日次決算、企業経営」

 http://www.sil-web.co.jp/package/new_unit.html



 また、個別にお問合せいただければ、さまざまなご相談にも、誠意をもって回答させていただきます。ご遠慮なく、お申し出ください。
【2012/11/11 15:51】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
「ユニット経営」は、㈱セキュリティ情報研究所の、登録商標です。
大変ご無沙汰しております。

いゃあ、一年以上、ブログの更新をサボッてしまいました。

これから、きちんと更新したいと思います。

ユニット経営」ですが、株式会社セキュリテイ情報研究所の、登録商標です。
商願2006-46716 商願2006-106362  いずれも、(平成18年出願)

当社が、ユニット経営システムを構築に着手してから、いったいどのくらいの年月がたったのでしょう?
とてつもない、長い時間と、途方もない検証と体力を使いました。そして、何よりも、膨大なコストがかかりました。

何よりも、当社が実際にシステムとして稼動して成功するのかどうかのために、3年以上の時間と検証をしました。
そして、やっと、ユニット経営は、統合システムとして、公開できるレベルとなりました。

ユニット経営さえあれば、会社の全ての運営が、システムひとつでできます。

次回のブログの更新の際に、その詳細については、お知らせしたいと思います。

そして、より多くの企業のみなさんに利用してもらえるようにしたいと考えています。

まずは、これまで多くのみなさんのご支援と関係者のみなさんの努力に、感謝したいと思います。


※年金のことなら、厚生年金・企業年金に加入する事業所・加入員・受給者のためのポータルサイトは、こらちからアクセスしてください。 年金なび  は、こちらから。。。

※年金に加入するみなさまの為の専用の、福利厚生の一環として、福利厚生サービスを提供しています。
【2011/11/06 10:26】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
部下をどのように育てていけば良いのか。
経営者が会社のしくみを作る事において、大変重要だと思うことがあります。
それは、部下の育て方です。部下とは、経営者から見た場合、全従業員となり、管理者から見た場合は、そのユニットのメンバー全員となります。

部下をどのように育てていけば良いのか? 正直、私もこれまでこの事に関しては、かなり悩みました。

私の結論は、「経営者が自ら現場におりて、直接指導する」でした。

では、どうして管理者の教育ではなく、また、管理者が現場を指導するでもなく、経営者なのでしょうか。
私の答えは、「経営者が我が社のしくみを、なんとしても作りたいと想っているから」です。

つまり、経営者が我が社の状況を把握していいない限り、「我が社独自の、会社のしくみは作れない」からなのです。空理空論ではなく、今、しなければならない事を、経営者の感覚で直感的にすぐさま把握したいならば、全ての答えは、どうやら「現場にある」ようです。

現場に出た場合に、彼らの指導をする場合、以外と現場の担当者に欠けているのが、「自分たちの役割」と「物事を原理原則でとらえる力」ではないかと思います。

しかしながら、いきなりこのような、切り口で、部下の指導をしようとしても、何から手をつけていけばよいのかわかりません。また、たとえ、現場に行くと言っても、その現場では日常的に発生している事もあれば、その時だけしか発生していない事象もあり、それらの全てを経営者が気づくのは、かなり無理があります。

そうすると、彼らの仕事の何もかもが一目で見えるようなしくみが必要となります。そして、全体像がやがて明らかになり、どのような対策を打てばよいのか、現場の彼らと同じ目線で考えることができるようになる。
我が社独自のしくみを作るための、ここに、「見える化の原点がある」。そんな気がしています。

部下を育てるには、「見える化の原点を探す」。現場に即した内容をもとに、実践するしかありません。そのために、何もかも見えるように、ならないと実現できないのではと思っています。
【2010/03/08 08:22】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。