スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
事例研究:どのような考え方で作業の標準化をすればよいのか?
私は、ある時、当社の担当者に質問しました。
「私には、君の思考回路のパターンが見えないのだが、どんな風に考えてるの?」
担当者は答えました。
「過去に経験のある行動しかできないので、実際には考えられなくて!?」
え? 考えられない?。。。。またまた、私は絶句。。。。

「おいおい、それはないだろうよ。なんじゃそりゃ!?」
担当者の言い分は、単純です。やった事がないので、考えられません。ルーチンワークですと、できるのですが。。。

私は、恐ろしくなりました。もし、会社の全従業員がこのような考え方をしていたら、これは大変な事になってしまう。ものすごい、危機感を感じたのです。

私は、担当者に次のように考えて、新しい作業の内容を検討してみては、どうか?
と、提案しました。

1.現状把握
 今は、どのようにして仕事を進めてるのか。又は、どのようにして作業を進めようと
 しているのか。まずは、書き出す。思いつくままに書き出してみる。
2.企画立案
 企画書を作成するイメージで、書き出した内容を整理して記述していく。
 ただし、この時点で不明な点があっても、その部分は空欄で「不明又は検討要」と
 記述作成し、作業の経過とともに、その空欄を埋めていく。
 ただし、どうしても不明なものは、そのままにしておく。
3.原点回帰
 その仕事の、「目的、内容、品質、コスト、納期」を明確にして、上記の現状把握と
 企画立案を見直してみる。そして、相違点があれば、不明点を改めて書き出す。
 特に、大切なのは、目的です。
 仕事の本質を捉えることができなければ、方向性が大きくブレてしまいます。
4.依頼者への確認
 上記を整理して、不明点もそのままでよいので、仕事の依頼者に対して、プレゼンを
 実施する。つまり、依頼者の指示又は、目的に沿っているのか明確に確認する。
5.アクションプランの作成
 大きな意味での工程表の作成をします。いわゆる段取りをします。
 ①その工程のゴールを明確にします。具体的な数値を使用して決定します。
 ②ゴールに向けてどのように進めていけばよいか、細かく行動計画を設定する。
 ③決めた行動計画のもと、実際に実行してみる。
 ④実際に実行した結果をもとに検証してみて、ゴールへの方向性の確認をする。
 ⑤検証結果に基づき、工程表の見直しをして、ゴールにより近づく行動を考える。
 ⑥これらをゴールに最短距離で近づくように繰り返し、その精度を高めていく。

※さて、担当者はどのように進めていったのか、又は、どんな問題が待ち構えていたのかは、改めて、ご報告させていただきます。
スポンサーサイト
【2008/05/31 18:52】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思考回路が止まる担当者がいる! 新しい事はできません?
おそらく最初の頃のユニットの目標設定は、ある意味、漠然としたものが多くなりがちです。
つまり、精神論的なイメージに近い目標設定が多いかもしれません。
なぜ、そうなるかというと、最初は、具体性に欠ける内容にどうしてもなってしまうようです。

当社のユニットの目標設定も同じような雰囲気でスタートしました。

私は、ある時、担当者に聞いたことがあります。
「どうして君の目標設定は具体性に欠けるのか?」
担当者の答えは、「どうすればいいのかな? 考えてはみるんですが。 いつもそこで、思考回路が止まってしまうんです。」

その答えを聞いた私は、「え? 思考回路が止まるの?」思わず、絶句してしまいました。

でも、みなさん、こういう担当者やリーダーは以外と多いのです。では、それは何故か?
たいがいの担当者の行動パータンを見ていると、仕事のルーチンワークが完成していないと、仕事がきっちりとできないようなのです。

つまり、「この仕事はああして、こうして。なるほど。。」このような環境に置かれない限り、
やった事のない仕事は、私にはできません。こういう悲鳴が当たり前のように聞こえてきます。こんな理由で、仕事をできない人が何とまあ、想像以上に?  多いのが実態らしいのです。

でも、実態がそうなのであれば、なんとかしないといけません。では、どのようにして改善するのがベストなのか? その方法を模索していると、良いヒントを思いつきました。

それは、作業の標準化でした。どのような考え方で、どのような手順で仕事をしていけばよいか標準化をすることでした。また、そのためのしくみも必要だと考えたわけです。

いわゆる、段取りとそれを実現するしくみが必要だと気がついたのです。

この方法だと、この行動パターンで!という感じだと能力を発揮してくれそうです。
というか、確かに新しい事にチャレンジする際には、どこからどのように攻めればよいのか、迷うのも事実で理解できますね。まずは、ここから取り組むことにしました。

また、それと同時に、今の作業やユニットの運営現状、つまり、「ユニットの置かれている状況の可視化」を実現して、ユニットメンバー全員で共有する必要があると感じたのです。

ここで、忘れてはいけない事があります。「作業の標準化とは、今すぐ完成版を作成することではないこと。」つまり、作業の標準化には、実際には、「日々の創意工夫による改善が伴い完成版を追求していく。」 これが改善の原点であるということなのです。

しかしながら、この標準化作業なくしては、創意工夫・改善などできるわけがないですよね。元となる物が何も無いのでは、何をどのように改善すればよいのか、見えませんからね。

まずは、これが最初の「ユニットの可視化」ということになりますか。。。
【2008/05/31 16:31】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユニットの存在意義は「決まった!」。さあ、これからどうする?
ユニットの存在意義について、質問した事がありましたね。 リーダーのみなさん、自分のユニットの事は十分に、その必要性を理解されておられることでしょう。

もし、存在意義を見つけられなかったリーダーの責任者は、直属の上司や経営者へ直接、確認してください。

次に、あなたのユニットの運営は、何でまかなわれていますか?  私達も生活をしていく場合、家庭では、収入がないと生活できませんよね。そして、収入と支出のバランスで家庭は保たれててるバスです。 つまり、ユニットにおいても、家庭と同じで、そのユニットの収益と経費を確実に捉える必要性が発生します。

ユニットに収入がないのに、メンバーは生活できません。つまり、仕事をしていれば、給料がもらえるのではありません。 ユニットの収入と支出のパランスが保たれて、それを維持発展させるために貢献しているから、給料がもらえるのです。

ユニットリーダーは、メンバー全員にこの事を徹底しないと、家庭崩壊? につながります。

では、あなたのユニットの収益内容を明確にしないといけません。どこから、どんな収益をいただけるのか? それは、どこのユニットなのか? どれくらいの価値があるのか?
同様に、経費についても同じように考えてください。

もし、見つけられないユニットリーダーは、もう一度、「ユニットの存在意義」を見直する必要がありますね。つまり、生活できていないユニットって、ありえますか? もし、これが家庭だったら。。。。。。

【2008/05/09 07:20】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワイワイ・ガヤガヤに参加しないメンバーがいる!?
ユニットのメンバー全員から積極的な意見がでてくるようになったでしょうか?
「いやいや、実は、ちっとも意見がでてこない」。「知らん顔している社員がいる」。
「人ごとのように関わりを持たない社員がいる」。さあ、どうすればいいのか?

こんなリーダーからの悲鳴が聞こえてきそうです。もし、そういう状態でなく、意見がでてきていれば、ユニット経営としての次のフェーズへ進めます。

今回は、このフェーズを通過できない、リーダーのあなたへの方法論をお話します。

「あなたに、覚悟はありますか? 何としても、達成したいという強い願望があるでしょうか?」

また、何を急に言うのかと思えば、精神論? と、思うリーダーもいるでしょう。
しかし、あえて、言いますが、ユニット経営を率先垂範するのは、リーダーである
あなた自身であり、あなたの心の鏡を開き、覚悟と強い願望が必要なんです。


しらん顔したりする社員や人ごとのように感じている人に、
「おお、リーダーは本気なんだな!」そう思ってもらわねばなりません。

さて、ユニット経営とは全員参加の経営が原点です。そんな中、意見を言わない参加しないメンバーに対して、どのように対応すべきなのか?

「全員にユニットの目標に従い、仕事を与える」
 

つまり、自分のユニットが設定した目標に対して、
すまんが、「君はこれをしてくれないか!」 いつまでに。結果はこのように。できばえは、このくらい。また、それにかける費用は、これくらいで。。。このように仕事を割り振りするのです。

ユニット内のメンバー全員に対して必ず、そうしてください。。仕事を依頼するポイントは、
「目標、内容、品質、コスト、納期」ですね。この事はみなさんもよくご存知でしょう。


昔から、人を動かすには、「その人が動きたくなるようにするしかない」
と、言われてますよね。では、それでもどうしても動かない人は、その人の存在意義はありますか? もし必要ないのであれば、退職してもらうしかありません。リーダーは、それぐらいの覚悟が必要なのです。

動かないメンバーでも、存在意義はあるはずです。そうです。その人の得意な物又は、今までの分野で貢献してもらっている何か、つまり、本人が動きたくなるような仕事を依頼すればよいのです。




【2008/05/09 06:42】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。