スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
事例研究:納期を守ることができない? その原因は何か?
ユニットが目標設定をして、日々の活動をしているのに、何故か決めた目標納期を守れない! こういう事例は、よく聞く話です。 当社でも同様の事が発生しています。

何故そんな事が発生するのか? 多発しているユニットには、何が問題なのか?

本日は、これがテーマです。
この問題、実は、どこの企業でも、日常的に多発しているのではないでしょうか?確実に納期を守る事は、誰もがとても大切だと認識しているのに、なぜ、実現できないのか?
 大変な謎だと思われませんか?

実は、多くの場合、原因を調査すると、納期遅延の要因は、「段取り不足」が以外と多いのです。 また、こういう遅延をする人の場合、始めからその仕事の進め方を理解していないで実行しているケースが圧倒的に多いのも事実。 いわゆる、本人の思い込みで仕事をしてしまっているケースです。

この愕然とする事実は、確実にユニットの経営状態を悪化させ、倒産の危機へ。

ですから、対策をしないでユニットの運営を継続していくと、そのユニットは確実に倒産することになります。これは、大変な事です。さっそく対処しなければいけません。それでは、どのようにして、この問題解決に取り組んでいけばよいのか、それを検討してみましょう。

答え:ユニット長は、しんどくても、段取りを教えるしかない。

大変残念ですが、ユニット長のみなさん、教えるしか方法がないのです。
これは、「真にしんどい」。しかし、ユニットメンバーができないのなら、それしか方法がありませんよね。

最初は、とてつもなく、労力がかかると思いますが、「仕事の段取りをする考え方を教える」 これを徹底するしか方法はないのだと思います。「段取りの考え方」が重要です。
スポンサーサイト
【2008/06/21 09:40】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。