スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
顧客管理システム 中小企業
顧客管理システムを、中小企業が導入する際に、顧客情報の管理とか、履歴管理とか、顧客の生の声とか、
とにかく悩むものです。

私たちも長い間、この管理というか、どうしたら、顧客の情報を管理したらよいのか、
解らないでおりました。

さて、管理という言葉は、一見、システムっぽいですが、本当に管理できるものでしょか。

最近、思ったのは、「顧客管理システム」ではなく、「顧客情報の活用」が重要であることに気がついたのです。

これは、顧客の「情報共有」、社内の報告・連絡・相談の基本となる、全社員での「情報共有」なのです。

ユニット経営は、顧客管理という、位置づけでなく、社員の間の情報共有として、これを利用しています。

事例は、こちらからご確認ください。


 顧客管理システム 中小企業の事例とは

また、ご質問などがあれば、ご遠慮なく、いつでもどうぞ。。。。みなさんのお役に立てますように。
スポンサーサイト
【2012/11/25 17:13】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
事業別採算管理 中小企業で実現するには?
さて、事業別、事業部別、営業支店、部門別などのような、個別に採算管理をしたい場合は、どうすればよいのか、これも、中小企業で、経営者がとても悩む問題のひとつです。

 何故、悩むかというと、実現する方法においてのリスク管理を考えるからです。まずは、どうやって実現するのか、そして、どのように進めるのが良いのか、また、あまりコストをかけたくないし。。。。。

 私は、この問題に10年以上の歳月と自分の会社での試行錯誤により、たどりついた答えは、「報告・連絡・相談」が、徹底してできている事が、前提条件でした。「見える経営」をしたければ、「経営のしくみ」の中で、なるべくシンプルに、効率よく、そして、誰でもが徹底してできるしくみが必要です。

 売上も経費も、時間の使い方も、事業別に採算管理したいのであれば、それらの部署が簡単に、いつもの作業の中でできることが必要です。

 ちなみに、わが社では、専門の経理担当がいません。一般の会社にいるような、財務会計システムの専任者がいないのです。会計伝費の仕訳をせっせとやっている専門の人がいないのです。というか、いなくても、できるしくみにしました。

 「事業別採算管理 中小企業 システム」の詳細はこちらから。。。。

  http://www.sil-web.co.jp/package/new_unit.html

 今後も、さまざまな悩みを解決していきたいと思います。さて、そろそろ現場に行かないと。。。。
【2012/11/18 17:37】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
日次決算できる経営管理システム
 企業経営においては、「日次決算」できるしくみが大切だとは、理解していても、そもそもそんなシステムなんか存在しないと、諦めていました。

 経営者であれば、毎日、自社の状況が見えるものがあれば、羅針盤のように、または、飛行機のコックピットのような、誰でも理解できる、ものすごく簡単なしくみがあれば、とても頼りになるものです。

 さて、このようなしくみを作成するには、普段の仕事の延長戦で、従業員のみなさんへの負担が少ない、そして、とても解り易いものでなければ、しくみとしては、意味のないものになります。

 私たちは、ものすごい時間と労力をかけて、そのしくみを作成して、もう既に、四期の決算処理を完成させるまでになりました。このノウハウをぜひとも、みなさんに公開したいものです。

 そのしくみの詳細は、こちらから。「日次決算、企業経営」

 http://www.sil-web.co.jp/package/new_unit.html



 また、個別にお問合せいただければ、さまざまなご相談にも、誠意をもって回答させていただきます。ご遠慮なく、お申し出ください。
【2012/11/11 15:51】 | ユニット経営 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。