FC2ブログ
事例研究:ユニット経営の実践。経営情報支援をどう使いこなすか?
突然、経営情報支援というキーワードを出して、何のこと? 戸惑われているリーダーもおられるかもしれません。申し訳ありません。事例研究として、当社での実践のご紹介をするために、「経営情報支援」というキーワードを使わせていただきました。

経営情報支援というと、かなり大きなしくみを想像される方もいらっしやるかもしれません。今日は、この中から、ユニット経営としての基本となるしくみについて、お話しします。

ユニット経営は、各ユニットが一つの企業体のように、運営されていかねばなりません。

そうなると、当然、会社も年度目標を設定して、いわゆるマスタープランなるものに従い、予算を計上して、実践していきますよね。部門によっては、大きな予算を計上増しされて、「もう、大変!」という経験がある、リーダーもたくさんおられるかと思います。

さて、この場合、ここで確定した予算に対して、実際に、実践してその実績を確実なものにしていくわけですが、当然の事のように、どのようにして、それを実現していくのか? ここが一番大切となります。というか、ここが一番、大変と言葉を変えたほうがよいかもしれませんね。

経営情報支援においては、アクションプランを立案して、スケジュール化していきます。いわゆるプロシ゜ェクト進捗管理をする際に使用されている、アローダイアグラムといわれる管理手法に似ています。そこで、さっそく、IT用語辞典を参照すると、次のように書かれていました。

アローダイアグラム
別名:矢線図
【英】arrow diagram

アローダイアグラムとは、ある作業の内容と日程の流れを、矢印で順に追って表した図式のことである。次の事象を開始するための前段階に事象がふたつある場合には、そのふたつの事象が完了しない限り次の事象を完了することができない。そのため、事象の流れ野中で各事象間の関係や影響が明確になる。複雑な工程や細かい時間配分を図式化できるため、大規模なプロジェクトで作業の進行状況を的確に把握するために役立つ。

ユニットメンバーの全員がそのユニットの目標に向かって、段取りを組んでその進捗状況を常に把握できるようにするには、アローダイアグラムのような予定と実績を管理できる手法が必須となります。

それは、何故なのか? 
答えは、ユニット経営においては、まず、そう思うことから始めるわけで、どういう予定で具体的にどのように段取りをしていくのかをあらかじめ、決めてから行動するわけです。場当たり的に行動しても、目標達成など、決してできません。

まず、実現するためのアクションプランの立案を決定する。そして、それをアローダイアグラムのように図式化して表す。「これを何としても必ずやりきる。」
ただし、これらのアクションプランの工程には、全て、数値化して進捗を把握できる内容をゴールとしなければなりません。そうしないと、予定に対する実績管理ができないからです。

全ての出発点は、ここから、始まると、私達は、考えています。

関連記事
【2008/09/09 13:12】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<突然ですが、ユニット経営で誰が喜ぶのか? | ホーム | ユニット経営のしくみとして、何が必要なのか?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://silunit.blog31.fc2.com/tb.php/20-34d6a570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |