FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エールを送りたい。若いリーダーのみなさんに期待します。
ユニット単位で運営していくと、さまざまな問題が直面してきます。今回は、まだまだ、経験の少ない若いリーダーのために、少しでもヒントになればと考えて、お話ししたいと思います。

「ワイワイガヤガヤは、ユニット経営の原点」
です。若いリーダーが最も意識しなければいけないのが、このキーワードだと思います。なぜなら、若さには、ノリノリがありますよね。ハツラツとした、ノリです。活き活きしているとでもいいましょうか。この感覚で、ユニットをまずは、運営してみることを進めています。

まず、最初のワイワイガヤガヤは、ユニット内の問題点の洗い出しです。全員で、言いたいことをドシドシ言ってもらいましょう。チームミーティングを始めてください。この際の注意点は、決して、意気込まずに、「困っている事」を洗い出すことです。困っている事とは、つまり、そのユニット内での仕事をうまく進めていく上で、何としても解決しておかねばならない点です。つまり、これがこうなったら、こう変わるのではないのかここをこうしたら、こうなったりしないのか! つまり、アイデアラッシュを書き出すこと。

ホワイトボードにどんどん書き出していく。そして、まずは、すぐに実現可能なものから、メンバー全員に担当分けしてアクションプランの実現を検討してもらいます。最初は、書き出したものをすべて、担当者に振らずに、一つのアクションを全員でアクションプランを立案して、各自の分担によるスケジュールを立案して予定を立ててください。

そして、そのアクションプランを毎日、進捗報告しながら、Do、Check、Actionを検討していくのです。つまり、立てた目標に対する行動に対して、見直しをかけて、改善をしていくのです。場合によったら、最初に立案したアクションプランをも、見直す必要があるかもしれません。それでもよいのです。「失敗を恐れずにチャレンジ」してほしいものです。最初から、何もかもうまくいかないから、私達は、日々の努力を重ねているのですから。

天からのヒラメキが下りてくる。そんな状態に気がついたら、何としてもそれを成し遂げようと創意工夫の努力を継続するしかありませんからね。

若いリーダーのみなさん、心配しないでください。私達もそうやって、これまでやってきたのです。エールを送りたい。若いリーダーに。これから、一杯輝くであろう、未来のために、Going! って感じですかね。
関連記事
【2008/11/11 12:12】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ユニット経営の一年間~当社の事例研究 | ホーム | リーダー交代!苦渋の決断が必要な時がある。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://silunit.blog31.fc2.com/tb.php/27-b4387ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。