FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ユニット経営、何から始めるか?
ユニット経営を具体的に運用して、進めていく場合の「コンセプトの原点」は何になるのか。そこについて、お話したいと思います。

 ユニット経営のコンセプトの原点は、「創意工夫による改善」です。

「私たちの全ての経営活動の結果を全て数値に表す」ことについては、前回、お話しました。
では、なぜ、そんな必要があるのか? それが解らないと、前に進めないと思い連載しました。

企業として、より筋肉質で、健康体であり続けようと思ったら、当然、最終的な利益が大切となってくるのは、誰でもわかっています。学校を卒業したばかりの新入社員でも、そのくらいのことはわかっています。つまり、
「仕事をすれば良いのではなく、稼ぐ必要があることは誰でも理解しています。」

当然、収益を良くしたいと思ったら、売上を拡大して、同時に経費を最小にしていくのも理解しているはずです。ところが、それを実践しようと思うと、どうやれば良いのか? 各部門の責任者は悩むことでしょう。いや、責任者だけでなく、その中のメンバーも、「どうしょう?」と困るでしょうね。

答えは、「改善する意識を持つ」ことです。 創意工夫できる事が各部門の現場には、たくさん転がっています。まずは、それを探してください。各部門の責任者の人は、メンバーに聞いてください。きっと、メンバーは気がついています。
「ただ、それが、収益とどのように関係しているのかが解らないだけなんです。」
まずは、それを並べて見てください。そして、それぞれの改善案をメンバー全員で協議していきます。 この場合に決して忘れてはいけないのが、「それは、いつ迄にやるのか!」つまり、納期を必ず設定することです。

それから、もうひとつ大切な事があります。「顧客目線を持って創意工夫のポイントを探す」こと。顧客目線とは、何か?また、新たなテーマがでてきました。でも、決して難しく考える必要はありません。「自分がお客さんだと思って考えれば良いわけです。」

さて、これで何が変わるのか? 「みんなでワイワイ、ガヤガヤが始まります。」

ユニット経営の実践、さっそくスタートして見てください。まずは、この最初のハードルを越えないと何も始まりませんが。。「きっとできる。まずは、そう思う事です。」
関連記事
【2008/03/06 12:22】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<目標の数値化は浸透できるのか? | ホーム | ユニット経営を知る>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://silunit.blog31.fc2.com/tb.php/3-0a63e54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。