FC2ブログ
ユニット経営実践: 時間と戦う 意外と役に立つ、付箋はり!
ユニット経営の実践編として、時間に関する取り組みの考え方をお話してきました。私の会社は、IT企業と言われるごく一般的なソフト関係の事業を営んでいる関係から、世間的には、デジタルで物事を考えがちなのですが、実は、最近、アナログもいいなあ~ と思うことがありました。

そのアナログとは、あの付箋の事です。机の上にペタン、書類の上にペタッと貼り付けるアレです。

そんな話、今更言われなくても。。。。。と、思っているみなさん、そういう意味で言っているのではなくて、この付箋、使い方を変えると、とっても、とっても、大変役に立つ事がわかってきました。では、何に使うのか? その使い方ですが。。。。。

これまで、時間には、自分の時間と他人との時間があると説明してきましたね。ほとんどの人達は、自分の仕事を中心に動いていますね。つまり、自分の本来、しなければならない事を中心に、頭の中が占有されてしまうのです。

従来のこの超アナログ道具である、この付箋の使い道は、その自分の仕事を進行していく上で、目立つようにペタン、忘備録の代わりにペタンと使っている人が多いかと思います。

私が最近、気がついたのは、これって~、もしかして、逆? つまり、他人の関係する事に関しての忘備録として使用するのが、もっとも効果的だと思いはじめました。それは何故か?

答えは意外とシンプルでした。ほとんどの人は、自分の仕事に関する事に集中してしまい、他人との係わり合いで決定した事項を、以外と忘れやすい。これは、集中力が高い時ほど、発生しやすい。そこで、こういうチヨットした事を、付箋を利用してペタンと貼っておくと、ふと目がいくと、そこにペタンと貼ってあるため、すぐ思い出せるのです。

当然の事ながら、ユニットメンバーとの係わりが強い内容については、強く意識しているので、あまり忘れないと思いますが、ちよっとした事など、すぐ忘れてしまう事がよくある場合は、この方法、意外と効果がてきめんに現れてきます。

他人への依頼事項や調査依頼など、さまざまな情報を、このように壁にペタンと張りつけておくと、目がいく度に確認できるので、以外と役にたつものです。ボードにして、未着手、進行中などのように振り分けて使う方法もありますね。

みなさんもいろいろ、試行錯誤しながら、効果の上がる方法を模索してもらうと、新しい発見に気づき、仕事が楽しくなると思います。。。。。 ぜひ、チャレンジしてみてください。
関連記事
【2009/07/30 09:51】 | ユニット経営 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ユニット経営の効果: どうですか。良くなりましたか? | ホーム | ユニット経営の実践: 時間 相手に振り回された? あれ~? どうしょう?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://silunit.blog31.fc2.com/tb.php/47-0e335b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |